痩せるとペニスが増大する!?その理由に迫る

よくある意見の一つとして、「太っている人はペニスが小さい」ということがありますが、これは必ずしも正しいとは言えません。

全体的な傾向として当てはまっている可能性は高いものの、太っている人の中にも非常に大きなペニスを持っている可能性はあります。

これは実際にAV男優の中にそういう人がいることからも分かります。では、なぜこのように言われるようになったのでしょうか。

痩せるとペニスが増大する理由

痩せるとペニスが大きくなる理由は、単純に「見えている部分が増えるから」です。

ペニスとしての機構自体は太っていようと痩せていようと根本的には変わりませんが、何も体外に露出している(目に見える)部分しかないわけではありません。

実は、体内に埋もれて目に見えない部分(いわゆる「埋没ペニス」)があります。

体格の差はそれほど大きくありませんが長さは人によって異なり、数cm程度~10cm以上も体内に埋没している可能性があります。

元々内々に埋没しているわけですから目に見えることはありませんが、目に見えている部分は体外に露出している一部だと理解することがポイントです。

太るとサイズが小さくなり痩せると大きくなる理由は、外に見えている部分が脂肪によって変化するからです。

仮に露出している部分の長さが一定だとして、下腹部に多く脂肪を蓄えている人とそうではない人では、前者ほどペニスが小さく見える可能性が高く、後者ほど大きく見える可能性が高くなります。

手っ取り早く「ペニスが大きくなった」と思わせられる

根本的なペニスサイズは変化していなくとも、太っている人が痩せることで「ペニスが大きくなった」という印象を与えられる可能性は大いにあり得ます。

初めてペニスを見る相手は難しいかもしれませんが、継続的に視認する機会がある奥さんや彼女ならば、「最近大きくなった?」と思わせられる可能性は十分にあります。

ペニスのサイズが男性の価値を決める基準にはなりませんが、自尊心を保つ意味でも自信を持つ意味でもそういってもらえることは非常に大切です。

何よりも、ペニス増大手術やサプリメントとは違って「痩せる」以外の要素が必要ない手軽さもメリットといえるでしょう。

本当にペニスを増大したいなら別のアプローチも必要

痩せることでペニスが増大したかのように思わせられる可能性はありますが、これだけで問題が解決しない可能性もあります。

日本人の平均的なサイズとされる13cm前後あるならば、痩せるだけで随分と印象を変えられる可能性もあるでしょうが、いわゆる「短小」(明確な基準はないが勃起時10cm以下などの俗称)の男性にはほとんど効果がない可能性もあり得ます。

効果がないというよりは、効果が認められないといった方が適切でしょうが、そういう場合は根本的な問題を解決する必要があります。

選べるペニス増大アプローチの方法

ペニス増大効果が期待できる手段には、次のような選択肢があります。

・ペニス増大トレーニング
・ペニス増大マッサージ
・ペニス増大サプリメント
・ペニス増大手術
・ペニス増大器具

「増大」という部分にフォーカスした手段として代表的なものを挙げましたが、これらはいずれもペニス増大効果が期待できます。

「痩せる」という変化で見た目上のペニスサイズを変化させることはもちろん有効ですが、それに加えてペニス自体を成長させるべくアプローチすることでより大きな効果が期待できるわけです。

ペニス増大サプリとトレーニングの複合が効果的

ペニス増大アプローチの中で、特に人気があるのは「サプリメント」「トレーニング(マッサージを含む)」です。

ペニス増大サプリメントで成長に必要な栄養を十分摂取し、それをトレーニングによって効果的にペニスへ運ぶというアプローチで相乗効果が期待できるわけです。

「ジェルキング」「ミルキング」などのペニス増大トレーニングは筋トレ効果が薄いですが、PC筋を鍛えるための「スクワット」には下半身の筋肉を鍛える十分な効果が期待できます。

スクワットの場合はあくまでも下半身だけですが、筋トレによって筋力が増強されれば必然的に痩せることにも繋がっていくので、痩せて見た目の印象を変化させる効果にも期待できます。

また、そういう意味では腹筋をして下腹部の脂肪を燃焼させることでも見た目の大きさをアップさせることができるでしょう。

見た目だけじゃなく本当に大きくなってこそペニス増大の意味がある

「痩せるとペニスは大きくなる」ということは事実といって良いでしょうが、そもそもは「太ることでペニスが小さく見える」ということです。

痩せている、余計な脂肪が付いていない状態だからペニスが正しいサイズで体外に露出しているに過ぎず。痩せたからといってサイズ自体が変化するわけではありません。

太っている状態から痩せるだけでも十分に意味はありますが、どうせならば根本的なペニス増大を狙ってアプローチしてしまった方が賢明です。